時代の要請と共に歩み次代の技術を目指す。

概要

商号
株式会社 金井製作所
所在地
〒340-0203 埼玉県久喜市桜田5丁目8番3
TEL:0480-58-3311(代)FAX:0480-58-5077
設立
1967年4月
資本金
1千万円
代表者
代表取締役社長 金井隆雄
従業員
16名
事業内容
ガラス及びプラスチック容器金型
計測器部品、プラント用部品等の精密機械加工
オーディオ機器、楽器用インシュレーターの製造、販売
敷地面積
1,419平方メートル
建物面積
1,050平方メートル
主な取引先
池上金型工業株式会社
株式会社鷺宮製作所
東洋ガラス機械株式会社
日立金属株式会社
三谷バルブ株式会社
(アイウエオ順)
取引銀行
埼玉りそな銀行 鷲宮支店
武蔵野銀行 久喜支店
日本政策金融公庫 埼玉支店

沿革ならびに概況

1967年4月
埼玉県大宮市桜木町において金井正幸が個人営業による機械加工業を開始。
1970年6月
有限会社 金井製作所を設立。資本金500万円。
創業以来、三菱マテリアル株式会社桶川製作所の協力工場として営業。以後、自動車部品、原子力部品、化学プラント部品などの精密機械加工を重点に営業。
1976年
資本金を1,000万円に増資。
1979年
森精機NC旋盤 SL-3を導入。
1980年
自動プロ FANUC P-Dを導入。
1985年
東鷲宮産業団地内に工場を移転し業務を拡張。 NCデータの転送を光ファイバーにて行う。
1988年
東洋ガラス機械株式会社と取引を開始。以後、ガラス及びプラスチック容器金型の製造を行う。
1989年2月
株式会社 金井製作所に社名を変更。
1990年
CAD/CAMシステム IMXを導入。
1992年
代表取締役に金井隆雄が就任、金井正幸は会長となる。
1995年
工場内冷暖房設備化完了。
1996年
プランジャーの鏡面磨き装置を導入。
1998年
3D加工用三井精機マシニングセンター導入。
1999年
3DCAM-hyperMILL 導入。
2000年
CNC円筒研削盤 導入。
2001年
三次元測定機 導入。
2002年
長尺加工用NC旋盤 LU15 導入。
2003年
松下 TIGフィラーロボットシステム VR-006GⅡ導入
2004年
ミツトヨ フォームトレーサー SVC 導入
2005年
オークマ NC旋盤  LB300 導入
2006年
ソディック ワイヤカット放電加工機 AQ327L 導入
2008年
オークマ 精密立型マシニングセンター MB-56VA 導入
2009年
オークマ 横型マシニングセンター MA-400HA 導入
2012年
ソディック ワイヤカット放電加工機 AQ327L 導入
東洋研磨材工業 鏡面ショットマシン SMAPⅡ 導入
2013年
大東精機 バンドソーマシン UGA330 導入
2014年
岡本工作機械製作所 平面研削盤 PSG64CA 導入
Extrude Hone 流体研磨機 Vector6/6 導入
2015年
オークマ NC旋盤 LB-3000EXⅡ 導入
新井機械 50TON自動プレス 導入
2017年
東京精密 CNC三次元座標測定機 XYZAX SVA NEX9/6/6-C6 入替
パナソニック レーザーマーカー LP-M500 導入
エスエヌディ 超音波洗浄機 US-600ES 入替
2019年
オークマ NC旋盤 LB-4000EXⅡ 導入